オオハヤバチ 2018
f0205982_14071251.jpg毎年チェックしている オオハヤバチ ( Tachytes sinensis ) 営巣地。
原因は不明だが、年々巣の数が減り、1/3くらいまで減ってしまった。
(一方、同所に巣を作っている ヒメハヤバチは巣の数が増えている。)

2018年は、この地以外ではオオハヤバチとの遭遇がなかった。

撮影:2018年8月下旬 東京都
by uranii | 2018-11-25 14:22 | ハチ・アリ
<< ヤマトコトガタバチ 2018 葉をかじり取る フタスジスズバチ >>