クララギングチ
f0205982_19504979.jpg
タケニグサの茎をチェックしていたクララギングチが一点に執着していき、ついにはアゴで齧りはじめた。
ガリガリと齧るのかと思いきや、遅々として作業は進まない。
3時間を過ぎても、アゴを当てた部分の表面が一皮削れた程度であった。

撮影:2012年7月中旬 神奈川県
[PR]
by uranii | 2012-07-18 19:57 | ハチ・アリ
<< オオコンボウヤセバチ ルリジガバチ >>