ヤマトコトガタバチ 2018
f0205982_19091071.jpgヤマトコトガタバチ ( Lyroda nigra )
今年は、狩りの場面を見ることができた。
蜂がゆるゆると歩いていて、ひょいと何かを拾ったように見えた。
それが狩りだった。
すべてがその様に行われるわけではないだろうが、
緊迫感もスピードアップもなく、それが衝撃的であった。


撮影:2018年7月上旬 神奈川県川崎市
[PR]
# by uranii | 2018-12-11 19:22 | ハチ・アリ
オオハヤバチ 2018
f0205982_14071251.jpg毎年チェックしている オオハヤバチ ( Tachytes sinensis ) 営巣地。
原因は不明だが、年々巣の数が減り、1/3くらいまで減ってしまった。
(一方、同所に巣を作っている ヒメハヤバチは巣の数が増えている。)

2018年は、この地以外ではオオハヤバチとの遭遇がなかった。

撮影:2018年8月下旬 東京都
[PR]
# by uranii | 2018-11-25 14:22 | ハチ・アリ
葉をかじり取る フタスジスズバチ
f0205982_14214922.jpg
フタスジスズバチ ( Discoelius zonalis ) が サクラの葉をかじり取っていた。
初めて、素材集めを間近で観ることができた。

撮影:2018年6月上旬 神奈川県川崎市

[PR]
# by uranii | 2018-11-10 14:25 | ハチ・アリ
闘う ニッポントゲアナバチ
f0205982_07554554.jpg



数センチの距離に巣穴を作った ニッポントゲアナバチ (Oxybelus nipponicus)
メスが、鉢合わせるたびに闘っていた。

撮影:2018年7月上旬 神奈川県川崎市




[PR]
# by uranii | 2018-10-27 08:00 | ハチ・アリ
カニノツメ (きのこ) 微速度撮影 x1800


カニノツメ ( Linderia bicolumnata )
30分を1秒(x1800倍速)のタイムラプス撮影。
8.5時間を17秒で。

撮影:2018年10月上旬 神奈川県川崎市

[PR]
# by uranii | 2018-10-08 11:34 | その他