交尾する シモフリトゲエダシャク
f0205982_15122650.jpg
交尾する シモフリトゲエダシャク ( Phigalia sinuosaria )

下に シロフフユエダシャク ( Agriopis dira ) メス


撮影:2019年2月上旬 AM11:24 神奈川県川崎市

# by uranii | 2019-02-02 15:17 | チョウ・蛾
越冬する タテジマカミキリ 2018
f0205982_19162013.jpg
民家近くのカクレミノの枝で、タテジマカミキリ ( Aulaconotus pachypezoides ) が越冬していた。

撮影:2018年12月下旬 神奈川県横浜市
# by uranii | 2019-01-11 19:19 | 甲虫
ルリジガバチ 2018
f0205982_18395374.jpgベンチで休憩していたら、ヤマトルリジガバチ ( Chalybion japonicum ) がテーブルにとまった。
ジョロウグモ幼体をくわえていた。

撮影:2018年7月下旬 神奈川県横浜市


# by uranii | 2018-12-27 18:44 | ハチ・アリ
ヤマトコトガタバチ 2018
f0205982_19091071.jpgヤマトコトガタバチ ( Lyroda nigra )
今年は、狩りの場面を見ることができた。
蜂がゆるゆると歩いていて、ひょいと何かを拾ったように見えた。
それが狩りだった。
すべてがその様に行われるわけではないだろうが、
緊迫感もスピードアップもなく、それが衝撃的であった。


撮影:2018年7月上旬 神奈川県川崎市
# by uranii | 2018-12-11 19:22 | ハチ・アリ
オオハヤバチ 2018
f0205982_14071251.jpg毎年チェックしている オオハヤバチ ( Tachytes sinensis ) 営巣地。
原因は不明だが、年々巣の数が減り、1/3くらいまで減ってしまった。
(一方、同所に巣を作っている ヒメハヤバチは巣の数が増えている。)

2018年は、この地以外ではオオハヤバチとの遭遇がなかった。

撮影:2018年8月下旬 東京都
# by uranii | 2018-11-25 14:22 | ハチ・アリ