フチグロトゲエダシャク
f0205982_1725191.jpg
焼け野だった。
踏み入るのも大変だった藪が、広々とした焼け野になっていた。
予想もしなかった光景に言葉を失い、ふらふらと歩み入る。

 すべて燃えてしまったのか

よく見れば、背の低い植物は焼け残こり、ここぞとばかりに葉を広げている。
地面を走るクモたちの姿が、あちらこちらに見られる。
そして、フチグロトゲエダシャクが変りのない姿を見せてくれた。

春がまた、やってきた。
春がまた、やってきた。

撮影:2011年3月上旬 関東地方(動画より切り出し)
[PR]
by uranii | 2011-03-16 17:28 | チョウ・蛾
<< ビロウドツリアブ シロスジギングチ >>